スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生姜のアロマオイル

「しょうが紅茶」を愛飲している私、居候。喉に良いな~くらいしか今の所効果を実感できていないのですが、ちょこっと気になったのでアロマテラピーの本を開いてみました。
ちょっと地味だけど、ちゃんとあります!「ジンジャー」のアロマオイル!!
意外とオサレなアロマショップでは、見かけないですよね。やっぱり、アロマと言ったらラベンダーとかサンダルウッドとか?

でも、この地味な「ジンジャー」のアロマオイル。なかなか良いみたいですよ!気分が落ち込んだ時にも良いし、身体が疲れている時にも効果的だとか。
根ショウガと同じであったまるし、殺菌作用もあり!筋肉痛や肩こりなんかにも良いようです!
それで、結構高価なものが多いアロマオイルの中では、かなり安価!!

使い方は色々ですが、たらいにお湯を張った中にアロマオイルを数滴たらして蒸気を吸うだけで風邪気味の時なんかは良いみたい。この時頭から、大きめのバスタオルを被って蒸気が漏れないようにすると更に効果的!!

アロマポット等で部屋に拡散させて使うのは猫さんのいるお宅だとNGだけど、ニンゲン用に使うにはこの季節にうってつけかもしれませんね!

私自身、肩こりがひどいんで今度マッサージ用に買ってみようかな?あったまって、肩こりも解消されるならなかなか使えるアロマオイルだと思います、「ジンジャー」!
あ、使う時は必ず薄めて使って下さいね。「ジンジャー」は皮膚の弱い人には刺激が強いようなのでご注意を!




ブログランキングに参加しています!クリックよろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

カモミールな話

今日は寒かったですね~!!こて家の皆さんは、布団やら引出やらにお籠り状態・・・。これじゃあ、ブログに載せる写真が撮れないよ・・・・!
というわけで、今日はちょこっとアロマのお話します!

ハーブティーで結構おなじみの「カモミール」ってありますよね?この前の「アロマテラピー検定」に出題される精油だったので、試験終わったあとも色々と参考書見ていたのですが、コレって実は意外と身近にあるものと同じ成分だったんですよ。
風邪をひいて病院にかかると、青い色のうがい薬って貰った事ありませんか?昔は細粒を水に溶かしていましたが、最近は液状のものを薄めて使ったり・・・。あの青い成分がカモミールにも含まれているんですよ~。厳密に言えば、薬のほうは合成品で微妙に違いはありますが。
カモミールには2種類ありまして、青い精油がとれるのは「カモミール・ジャーマン」のほうです。ハーブティーになっているのもこのジャーマンのほう。




1080b_convert_20101216235802.jpg 




「カモミール・ジャーマン」は真ん中がポコッとしている方。よく、カモミールティーってリンゴの香りがするって言いますが、ジャーマンの精油は樟脳の匂いだそうです。精油とハーブティーにする乾燥させたカモミールとは違うのはなんか理屈ではわかるのですが不思議です。


んで、アロマテラピーに出てくるもうひとつのカモミールは「カモミール・ローマン」。なぜか、コチラの精油がリンゴのような匂いがするんだそうです!でもローマンはハーブティーには向かないらしいです。苦みが強いとか・・・。






P7070056.jpg 




コレが「カモミール・ローマン」です。ジャーマンより平べったい花ですね!




「カモミール・ジャーマン」の青い精油は「アズレンブルー」と呼ばれるそうです。ここで「ん?」と思った方がいらっしゃるのでは?多分、「アズレン」とか「アズノール」、「マーズレン」って名前のお薬を連想された方!正解です!
胃薬や目薬、うがい薬、塗り薬にもなんとなーく似た名前で青い色をしているのがあったら、ほとんどがこのマーガレットみたいな白と黄色の「カモミール・ジャーマン」の精油と同じような成分を持っているお薬です。
炎症を抑えたり、消毒作用、傷をいやしたりする効果があります!

そんなわけで、カモミールティーは風邪の時に飲むととっても良いと思いますよ~。
もし、余ったカモミールティーがあったら、うがい薬代わりに使ってみるのも良いみたいです!!
確か、カモミールティーにレモン入れるとブルーになりますよね?多分、この成分が酸と反応して出るブルーなんでしょうね。

ちなみにカモミールはキク科の植物。秋の花粉症でキク科やブタクサに反応する方には、NGのようです。





さて、アロマとは全然関係ないですが、小梅ちゃんの足元です!


001_convert_20101216235701.jpg 




目つきは悪い小梅ちゃんですが、意外にもお行儀いいでしょ??キチンと前足を揃えて、上にはふわっと尻尾の先を乗せております!こて家の中で、先が細い尻尾は小梅ちゃんだけ。小鉄くんはカギ尻尾だし、小衛門はまっすぐだけど先まで太いタイプ。勝手に私の中では、小梅ちゃんの尻尾が一番猫っぽい尻尾だと思っております!




ブログランキングに参加しています!クリックよろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ

ちょこっとアロマ豆知識

昨日は、アロマテラピー検定の合格通知と一緒に入っていたのが、(社)日本アロマ環境協会の会報誌。
猫さんとアロマについて興味をお持ちの方も多いと思います。私も実はそのひとりです!偶然、会報誌の記事に「ペットに対するアロマテラピーの危険性」というのが載っておりました。

それによりますと、「猫は肉食動物で、植物成分をうまく代謝する機能が備わっていない。」のだそうです。「犬だって肉食じゃない?」と思われる方もおられると思いますが、犬だとOKでも猫はNGらしいんですよね。
アロマオイル(精油)って植物をたくさん使ってちょっぴりしか採れないので、かなりの高濃度。ニンゲンに使用する場合でも1%に希釈(精油1滴0.05mlで計算します)するのが基本なので、身体の小さい猫さんにはかなりの高濃度なんだそうで・・・。

そんなわけで、アロマポットやディフューザーでのアロマでしたら、本当に少ない量でシソ科(ラベンダー等)の精油がお勧めだとか。多分、ニンゲンの鼻では匂わない程度?じゃないと猫さんにとってはよろしくないようです。部屋の換気も忘れないように、とのことでした。猫さんの場合、アロマポットよりは、アロマスプレーを作ってお部屋にたまにスプレーする位のほうが良いみたいですよ!

使ってはいけない代表格は「ティートリー」だそうです。あとは大抵の猫さんは大嫌いな柑橘系もダメ!
口から入らなければ大丈夫と思いきや、皮膚から血液に吸収されてしまうのだそうです。で、肝臓で代謝できないので中毒症状を起こしてしまうとか・・・。「ティートリー」は最悪亡くなる事もあるそうなので、ご注意を!!
ちなみに「ティートリー」「ユーカリ」と同じ科の植物。なので、「ユーカリ」も良くないみたいです。

ニンゲンには良い香りと思われる森林浴系の香りも猫さんには不快らしいです。
うーん、難しい・・・!

まあ、私もまだ全く詳しくないのでなんとも言えませんが、記事を読んだ限りでは素人判断で使うのはかなりキケン!と思いました。ニンゲンと同じで動物にもアレルギーの子もおりますし。

我が家の場合は、とりあえずこて家の皆さん立ち入り禁止部屋でたまに使う程度に留めておこうと思っております!
現段階では、ハーブとしての「キャットニップ」と「マタタビ」以外はコワくて使えないというのがホンネです!
最近は、ペットブームで色々なペットアロマグッズも販売されているようですが、買う側の質問にキチンと答えられる業者さんは少ないとも書いてありました。原材料が精油なのか、人工香料なのかもわからず販売されている場合も多いそうなので、疑問に思ったら使わないのが一番だと思います。


今後、もうちょっと色々と知る機会があったら、情報載せますね。


とりあえず、ちょこっと情報でした~!



ブログランキングに参加しています!クリックよろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中!
ブログランキングに参加しています! クリックよろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
プロフィール

こて家居候

Author:こて家居候
ネコ大好き!お笑い大好き!食べるの大好き!な妙齢のおばさん

夫(別名:小梅ちゃんの下僕)もたまに登場します!

こて小鉄
こてつ

こて小鉄(♂)2006.9.19生
こて家の当主。白黒のハチワレ猫。体はデカいけど、小心者。自称イケメン!
通称:こてちん、おタヌ

こて小梅
こうめ

こて小梅(♀)2007.4.28生
こて家のお転婆お嬢さま。キジトラ&白のハチワレ猫。運動神経バツグンだけどメタボ気味。目つきの悪いのがチャームポイント!
通称:こーめ、うめうめ

こて小衛門

こて小衛門(♂)2009.5.27生
こて家の新入り!最近お腹ポッコリが気になるお年頃。ヨコハマ生まれの甘えん坊!
通称:こえもん、こえサン

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
チームにょろん
小衛門「チームにょろん」№46!
月別アーカイブ
Flashカレンダー
FC2カウンター
リンク
おすすめショップ
おすすめ商品
たまにはおいしいお菓子をお取り寄せ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。